眼瞼下垂の症状を詳しく知りましょう~目元シャキシャキ術~

女性

左右対象のやっかいなシミ

中年女性

レーザー照射の最前線

肝斑とは、おもに30〜40代の女性によく見られる薄茶色のシミのことで、普通のシミとは異なり、左右対称に、目の下を縁取るように表われるケースが多いです。主な原因として挙げられるのは、女性ホルモンの崩れによるものとされていますが、この肝斑を治療する方法のひとつとして、レーザー治療があります。肝斑にはレーザーは効かない、というのが従来の常識で、レーザーによってかえって肝斑が悪化するケースさえありました。しかし最新の研究によれば、炎症を引き起こさないような微弱なレーザー照射調整によって、細胞のなかにあるメラニン色素だけを破壊するという方法で、肝斑にも効果があることがわかりました。今後は従来の治療のほかに、レーザーによる治療が増えてくることが期待されます。

他にどんな解消法があるか

普通のシミと混同しやすい肝斑の治療に関しては、基本的にクリニックでの診断をもとに、慎重に治療法を決めていくことになります。代表的なものとしては、まずトラネキサム酸の服用があります。トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、メラニンを増やす酵素「プラスミン」を抑制する作用があります。トラネキサム酸は血液に乗って全身へと行き渡るため、肝斑以外のシミにも効果があるという特徴があります。また、外用薬として「ハイドロキノン」や「トレチノイン」を配合した軟膏を塗るという治療もあります。ハイドロキノンはメラニンをつくる酵素「チロシナーゼ」を抑制する効果、トレチノインは肌のターンオーバーを促進し、メラニンの排出を早くすることで肝斑を治療します。